ご案内

ご挨拶 | 特定非営利活動に係わる事業 | 役員 | 所在地 | 決算書

伊那芸術文化協会は2002年12月11日付けでNPO法人長野県知事認証を取得し、同月17日付けをもちまして設立登記が完了しました。ここに任意団体から新しくNPO(特定非営利活動)法人伊那芸術文化協会として生まれ変わることになりました。

伊那芸術文化協会が誕生したのは昭和62年6月24日の発足総集会であります。その契機となったのは昭和57年に始まった県的文化施設(現、長野県伊那文化会館)の誘致運動でした。これは全市民的な運動の盛り上がりをみせ、45団体が参加し互いに協力し合い誘致や位置設定・内容構想検討などに市民の声を反映させることができました。その後、誘致に決着がつくと一般市民の関心は急速に冷えていきました。そこで私たちは「器」だけでなく、「内容」の充実を図るためにもうひとつのうねりとして「芸術祭」「文化フォーラム」といった文化団体の主体的な展開を始めたわけです。それは当初は実行委員会形式でしたが、次々にでてくる対行政・対文化会館の諸問題に対処するために昭和61年には通年の連絡会となり、それを母体にして翌62年地域の文化ネットワークとしての伊那芸術文化協会が結成され活動を行ってきましたが、取り巻く環境の変化に対応するためもう一度原点に立ち戻って地域における幅広い芸術文化の向上や郷土文化創造、審美眼批評力育成に貢献するためにふさわしく魅力ある組織改革が急務と考えるに至りました。
また一方では、伊那市駅前開発ビル建設に伴う生涯学習センターが2003年秋に開設予定されています。これは伊那市街中央に文化的交流の動きを作ることを主な目的とすることから、市内及び近郊の他の施設との関連に配慮しながらも、地域住民が学習・文化・創造活動を通じて生活の向上はもとより民主的な自治活動を実現するための拠点として期待されております。私ども伊那芸術文化協会はそれらに対して深く関与して貢献していきたいと考えており、そのためにふさわしい組織改革が急務であると考えました。

以上のことから伊那芸術文化協会は、今後NPO活動事業として幅広く積極的に展開していき、2003年度はその準備、あるいは実現に向けて行動を展開してまいりますので、何卒当協会のNPO活動にご支援とご理解を賜りますよう、お願いいたします。

(1) 活動拠点を設置し、会員間、あるいは一般市民との交流の場づくり
(2) 芸術文化に関わる各種イベント、行事の企画・運営・管理・支援等
(3) 発表の場づくり
(4) 各分野の団体活動への支援
(5) 文化フォーラムの開催
(6) 情報の発信
(7) 芸術文化に関わる企画・管理・運営・支援・仲介・発表・コンサルティング等の受託事業
(8) その他、第3条の目的達成に必要な事業
理事長/事務局長 松山 光
副理事長      麻生由紀子
副理事長      大塚芳枝
理事         泉 逸男
理事         碓井伍一
理事         唐澤榮子
理事         北原悦子
理事         野溝淳子
理事         増田絹恵
監事         秋山 彩
監事         北原悦子


2002年12月11日 NPO法人長野県知事認証

2002年12月17日 NPO法人設立登記完了

●事務局
〒396-0025 長野県伊那市荒井3500-1
いなっせビル5F 団体事務室B
TEL/FAX 0265-78-6106

E-mail geibun-iaca@chic.ocn.ne.jp


 伊那芸術文化協会(INA Arts & Culture Association)の頭文字、「IACA」を強調したロゴマーク。INA(伊那)の「I」をかたどったブルーのモチーフは伊那谷の美しい自然とそこで育まれた豊かな文化を意味し、Association(協会)の「A」はこの伊那の芸術文化を後世に受け継ぎ発展させようとする本協会の熱い想いを表現するオレンジとしました。互いの文字が繋がる事で融合、協力をイメージさせ、左端の円弧は未来への発展を象徴しています。幅広い年齢層をターゲットとし、親しみやすさとイメージ向上のため、明るい色を使用してスッキリとしたデザインにまとめました。
▲このページのトップへ

(c) Copyright 2004 NPO法人伊那芸術文化協会